会員約5万人のコミュニティで行うオンライン空き家活用【6日(火)15:50~16:50】

 空き家の活用に興味がある人をつなぎ、会員数5万人が目前となったフェイスブックのプライベートグループ「空き家の会」を運営するスクリーフ。2023年からは、空き家を貸したい人、借りたい人のマッチングを支援する有料コミュニティも作成し成長を加速させる。自身も、本業の傍ら、有馬温泉エリアにある築70年の空き家や、神戸市兵庫区にある「平野商店街」で空き家の利活用を推進。光山社長が描く、空き家の可能性とは。

会場:空き家サミット
日時:6日(火)15:50~16:50


株式会社スクリーフ・空き家の会
代表取締役

光山 和弥さん


社会人2年目、24歳の時に親戚が持っていた有馬温泉の空き家をフルリノベーションし、賃貸業として空き家を再生。そこから空き家に価値を付けることに感銘を受け、空き家を活用した商店街の活性事業や、オンラインコミュニティ「空き家の会」を運営し、地域活性事業を行う。


スクリーフ、空き家の会がサイト開設

※全国賃貸住宅新聞の過去記事から講師に関わる記事を掲載しています。一部記事は有料会員限定で公開されています。


※こちらは展示会の来場登録です。セミナーは出入り自由のため、席の予約は受けておりません。セミナーを聴講する場合は、来場登録の上、開始時刻10分前までに、「賃貸住宅フェア」会場内のセミナースペースにお越しください(席数に限り有)